約580億円が盗まれたあの件

国内最大級の仮想通貨取引所であるコインチェック社が

先週の金曜にハッキングを受け不正送金された事件

金額的にもかなりショッキングなものでしたね。

同社が保有するほぼ全てのネム(XEM)が

外部に不正送金され、その被害額がなんと…

約580億円。

あまりにも額が大きいためピンときませんが…

歴史的盗難事件として名高いあの3億円事件の約200倍

その被害額で東京スカイツリーが1本建つとか立たないとか

とにかくすごい額です。

同社ウォレットにてネム(XEM)を保有していた顧客に対する補償は

日本円で返金すると既に発表していますが

換算レートや人によっては税金が発生する可能性があるため、

とりあえず戻ってくるという安堵の声がある一方

厳しい不満の声も上がっている模様。

また、補償の時期に関しては未定のようです。

現在、コインチェック社では盗まれたネムを取り戻す方法を検討中とのこと

被害に遭った保有者からすれば日本円よりは

ネム(XEM)で返還して欲しいというのが本音でしょうから

これには『頑張れ!!』とエールを送りたいです。

盗まれたネムの流出経路や在り処も把握できてるとのことから

そうした仮想通貨の特性が注目されそうですし

もし、奪還するような展開となれば非常にドラマチックですし

仮想通貨自体の評価は上がりそうですね!!

しかしながら、今回の一件で何かしらの規制が入り、

仮想通貨市場そのものが冷え込んで行く可能性も考えられそうです。

ちなみに、本日14時から今回の件について

金融庁が記者会見を開くとのことですから注視ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする