恐るべき久永代表…。

今日は弊社の久永代表について書こうと思います。

代表は40年以上金融業界に携わっているため、相場に関する知識が豊富なことは勿論ですが、それ以上に凄いなぁと個人的に感じてることがあります。

それが何かと言うと…

「誰よりも早く出社しているということ。」

え?そんなこと?と思うかもしれませんが、これって案外凄いと言うか、会社で一番偉い人が、一番に会社へ来て社員を迎える会社なんて、あまり無いと思うんです。偏見かもしれませんが、代表ってゆっくり出社してくるイメージです。

更には、一番早いのにどの社員よりも遠方から通勤しているのも驚きです。

でも、これは単に早く出社してるから凄いって話ではなく、その姿勢に代表の人柄や仕事への熱意があらわれているっていう話です。

代表は、通勤時間は企業のニュースや物色が向かいそうなテーマや銘柄といった情報収集に費やしていて、会社に着くなりその資料等を作成し、社員が出勤してくる前には皆のデスクに配り情報共有をしてくれています。

※こんな感じです↓↓

また、代表という立場にありながら、常にアンテナを張り続け、週末の休みもセミナーに参加したりと、プライベートの時間を割いてまで情報収集に務めている姿勢には心から脱帽です。

こうした代表の姿勢があり、皆がその背中を見ているからこそ、従業員が10名にも満たない小さな会社であっても、皆が刺激され成り立ってるのでは?と感じる部分があります。

お世辞にも年齢的に若いとは言えない代表ですが、30代が主な弊社の中で一番パワフルに見えますし、団塊の世代のガッツって凄いなぁと思います、まさに恐るべき久永代表。

悠々自適なセカンドライフを満喫していても良い世代ですが、今でも相場を愛し全力で動いている代表を見ていると、生粋の金融マンと言いますか、本当にこの仕事への情熱があるんだと感じさせられます。

そんな代表のもとで働けて、本当に良かったなぁと思う今日この頃です。

ということで、題名は「恐るべき久永代表」というよりは、『尊敬すべき久永代表』とする方が適切なのですが、自分の会社の代表をそこまで褒めるのは少々あざとい感じもしたので、この形で。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする